tomoyaが綴るデザイン生活の日々
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
人生に歩みを止める“ゴール”はない

今年、世界の舞台で最も輝いた日本人は?

こう聞かれたら、多くの人がノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥京都大学教授を挙げるでしょう。

偉業もさることながら、真摯な人柄が、さわやかな感動を広げました。

ノーベル賞の受賞決定後、真っ先に語ったのは感謝の言葉。

「感謝したい人を挙げたら、それだけで何冊も本が書ける」と振り返った。

そして授賞式が終わると

“ノーベル賞は過去のこと。メダルは、もう見ることもないと思う。今後は科学者としてすべきことをしたい”と。

苦闘の末、目標を達成した後、どのように生きるか――そこにこそ、その人の真価が現れるといえます。

本当の勝負はこれから。人生に歩みを止める“ゴール”はない。

勝利から次の勝利へ、挑戦する心は、黄金にも勝る輝きを放ちます。


一級建築士です。

先日、合格発表があり、合格することができました。

僕も山中教授と同じく、まずは感謝ですね。

両親や職場の人、学科で落ちた時に励ましてくれた先輩や応援してくれた友人など

勉強でき、がんばれる環境を整えてくれた人たちに感謝です。

ただの資格と言ってしまえばそこまでですが、けどその目標にむかってがんばりきれたという過程は僕にとっての宝物です。

そしてやっとスタートラインに立ったような気持ちでもあります。


さて、苦闘の末、目標を達成した後、これからをどのように生きるかですね。

建築士としての社会的責任も出てきます。本当の勝負はこれからです。

いつまでも挑戦する心を持って、次の目標に向かいたいと思います。


- comments(2) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








やったー
合格おめでとうございます!

トモヤさんの姿勢にはいつも襟を正されます。
ありがとうございます…

来年もまたよい一年でありますように。
from. えみ | 2012/12/31 10:41 |
どうもありがとう!
やっと努力が報われました。

「襟を正す‥」そう言っていただけるとそれもまた報われます。
お互いがんばろう!

えみさんにとってもいい一年でありますように。
from. tomoya | 2013/01/05 20:49 |
<< NEW | TOP | OLD>>